東京都豊島区南池袋の社会保険労務士(社労士)事務所です。人事労務と人材育成に強く両面からのサポートを行っています。労使トラブル、就業規則、社会保険労働保険手続き、働き方改革、ハラスメント対策、建設業に特化、リーダーシップ向上、人事評価など、お気軽にご相談ください。

MENU

人事評価制度・賃金制度構築コンサルティング

人事評価制度とは

人事評価制度とは

人事制度とは、会社の経営理念やビジョンに基づいて社員のやる気や能力を向上させる仕組みを制度として体系化したものをいいます。また、人事評価制度とは、会社が定めた評価基準を社員の処遇に反映させるための制度となります。人事評価制度には下記の目的があります。

・経営理念、経営戦略徹底のため
・人材育成、人材開発のため
・処遇を公正に反映させるため
・社員のモチベーションアップのため

 

人事評価制度で一番大事なこと

人事評価制度を構築する際に、一番大事なことは、会社の経営理念やビジョンと連動した制度を構築することです。

会社の経営理念とは、「何のために会社を経営するのか経営の基本的あり方を明確にしたもの」「どのような会社を目指すのか、会社がある目的を述べたもの」をいいます。また、会社のビジョンとは「会社の社会的存在意義」「会社を創業した理由」「成功したといえる最終的に会社が目指している状態」を指します。

中小企業では、中期経営計画を作成している会社も少なく、自社がどこを目指しているのか明確になっていないケースも多くありますが、旅行にも旅行の行き先があり、マラソンにもゴールがあるように、会社経営も「どこへ向かっているのか」という行き先がわからないままだと不安や不満がでてくるものです。

社員にとっても、会社の経営理念やビジョンが明確になることで、自分たちが行っている目先の仕事の意味を理解できるようになり、日々の出来事の捉え方が変わります。

たとえば、起きた出来事はマイナスのことでも、未来のためには必要不可欠な出来事であるとプラスにとらえて冷静で戦略的な対応ができるようになるのです。会社の経営理念やビジョンを実現するために必要な能力を身につけ、行動し、業績に貢献することが評価される制度を導入することで、社員は会社を「他人の問題」から「自分の問題」として捉えることが可能となります。

人事評価制度の評価要素

人事評価の評価要素は、会社で自由に決めることが可能です。一般的には「役割評価」「能力評価」「意欲評価」「態度評価」「目標管理による業績評価」などの評価要素があります。また、必要に応じて、階層別またはレベル毎に評価割合の重要度を変えて設定します。

 

目標管理制度とは

目標管理制度とは、期首に目標を立て、期中に目標達成に努力し、期末に目標達成できたかどうかを評価する制度のことをいいます。

目標は経営戦略やビジョンを元に、部門目標、課の目標、担当の目標へと設定していくため、社員1人1人の目標は、組織の上下と繋がっています。

一般的には、1年に1回目標サイクルを回す【年間型】や、上期1回、下期1回で年間2回目標サイクルを回す【上期下期型】があります。

目標管理制度を運用するにあたっての注意点は、目標が会社から与えられたものではなく、自分の内側から、自分自身で目標設定を行うよう面談を行うことが大事です。会社においては「会社から与えられた決まった目標を達成すること」「達成のために必要な行動」などに焦点が当てられます。

ところが、1人1人のキャリアや思いについて語られることはほとんどありません。たとえば、売上目標を与えられたとしましょう。確実にこの目標を達成するためには、この売上目標を「会社で決められたことだから」「上司から与えられた課題だから」と受け止めると、目標達成へのエネルギーが下がってしまいます。

すなわち、目標達成が「自分にとって意味がある目標」「自分が選び決めた目標」という意識を持つことができると、目標達成へのエネルギーを集中することができるのです。「会社として利益を出すこと=(イコール)社員の自己実現(自己成長)」が一致したとき、社員は会社の仕事を主体的に捉えられるようになります。

人事評価の処遇への反映

人事評価の処遇への反映はいろいろな方法がありますが、一般的には人事制度の成果を「昇給」「昇格」「賞与」等へ反映させます。(基本給テーブル、諸手当、運用ルールの策定、業績賞与の算定方式など決定)

 

人事評価制度・賃金制度構築の流れ(新規導入の場合)

ステップ1:ヒアリング・現状分析

貴社の現状やご要望をヒアリングした上で、人事制度の全体概要を構築し、ご提案いたします。

ステップ2:人事評価制度の構築(1ヶ月~5ヶ月)

部門別のキャリアマップ、スキルマップの策定、人事評価制度の構成の決定・評価体系・判定基準表の作成、人事考課シートの作成等を実施します。

ステップ3:賃金制度の構築(6ヶ月~12ヶ月)

人事考課の結果を処遇に反映するため、賃金体系、業績賞与の方法などを決定します。

ステップ4:従業員への周知説明会・考課者訓練研修など(スポット)

従業員への説明会を実施します。また、考課者(管理職)に対しては考課者訓練の実施も可能です(説明会や研修会を当事務所にご依頼いただく場合は別に御見積もりをさせていただきます)

 

人事評価制度・賃金制度構築サービス概要

  • 人事評価制度全体像の構築
  • 部門、職種別人事評価項目の策定、人事評価シートの策定
  • 部門、職種別人事評価判定基準の策定、判定基準表の策定
  • 目標管理シートの策定
  • 人事評価制度構築全般に関するご相談、指導、アドバイス
  • 賃金制度全体像の構築
  • 賃金表等の作成、ランク表の策定、各種手当の設定など
  • 考課者訓練に関するご相談、指導、アドバイス
  • 対面による月1回~2回(1回2時間程度)のミーティングの実施
  • その他電話・FAX・メールでの随時相談

※ただし、上記業務のうちで、以下の項目に該当する場合は、別途お見積もりをさせて頂く場合がございます。その際は事前にその旨ご連絡しますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
・社員向け説明会、評価者研修や社員研修、各種講演会、勉強会を行う場合
・助成金の申請書類作成、提出代行を行う場合
・調査等に一定の時間を要して行う場合 など

 

費用プラン(例)

【費用】月額50,000円(税抜)×24回=総額1,200,000円(税抜)=【契約期間】24ヶ月
※ただし、本プランの適用要件は、従業員数30名未満でかつ、5部署・5職種未満の会社様に限ります。適用要件に該当しない場合は、本プランの適用対象外となりますので、改めてお見積りいたします。予めご了承くださいますようお願いいたします。
※ 一般的には6ヵ月程~1年程度で完成いたします。ただし、社内検討時間や修正期間なども考慮して24か月間の契約期間を設けております。
※契約期間中は修正等、随時サポートさせて頂きます。
※ お客様の都合により24ヶ月の期間を超えた場合は、別途費用がかかることがございますので予めご了承ください。

 

お問い合わせについて

まずは個別相談をご利用ください。貴社のご要望をお聞きした上で、サービスとお見積もりをご提案させていただきます。
※お問い合わせ・個別相談のお申し込みは こちらから

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5944-9212 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士事務所シエーナ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.