メール無料相談
03-5944-9212
アクセス

労務管理

中小企業における人材育成の問題点と課題


成長する企業には、必ず共通点があります。それは「人材育成に積極的に取り組んでいること」です。中小企業では、行き当たりばったりで研修を受講させていればいい方で、それどころか、全く何もしていない(いわゆる放置状態)という会社も、まだまだたくさんあるのが現状です。実際にこれまで多くの中小企業を見させていただいた中から、改めて中小企業における人材育成の問題点と課題について以下の3つにまとめてみました。

【特徴 1】時間とお金がない
職場のOJTと本人の資質と常識に任せた教育しか行っていない。対象従業員が少ないため、目先の仕事を優先してしまう。受講料が高くて手が出ない。

【特徴2】場当たり的である
役割分担が明確でなく、従業員が身につけるべき能力と受講する研修が明確になっていない。経営者のカンで場当たり的に従業員に研修を受講させている。

【特徴3】職場で実践できない
知識を習得したのはいいが、職場での実践に活かせない。一般的な内容を自社の環境と自分の仕事に置き換えて判断することができない。

このような課題から、実践できていないのが実情だと言えます。

関連記事

最近の記事

  1. 女性活躍のために必要な3つの取組みとは?

  2. 祝重版!「改訂版_社会保険・労働保険手続きインデックス」

  3. 企業型確定拠出年金(DC)導入をするためには